のびのびスムージー

子供の靴と身長の関係

子供の靴を買う際にすぐ大きくなるからと少し大きめのサイズのものをはかせる親御さんもいらっしゃうかと思いますが、サイズが合わないものをはいていることで身長の伸びが悪くなることもあります。

 

たとえば、2センチ大きいサイズの靴を与えた場合、子供が2センチ大きい場合、大人だと4センチ大きいサイズの靴を履いているのと同じことになります。大人が4センチ、その半分の2センチだとしてもぶかぶかで歩きにくく歩き方も変な形になりますし、それに伴って姿勢も悪くなってしまいます。

 

走っても脱ぎやすく走ることに集中もできないですし、走ったり歩くことも面倒になってしまいまそうです。
子供が運動不足になると身長を伸ばすために必要な骨の成長するための骨に刺激を与える場が減ってしまい骨が伸びにくくなる、イコール身長が伸びにくくなってしまいます
時々、保育園や幼稚園で裸足を推奨している所がありますが、裸足は身長の伸びの強い味方になりますし、偏平足の防止にもなるからです。

 

また、運動しなくなるので夜寝るときに成長ホルモンが出にくくなってしまうことも明白です。同じように今度は小さい靴を履いてしまうときも同じようにやはり成長を阻害してしまいます。
ですので子供の靴と身長というのは密接な関係があるといえます。