のびのびスムージー

母乳育児と身長の関係

身長が低い場合、成長ホルモンが十分に分泌されていない分泌不全というものも考えられますが、幼少期の栄養摂取が指摘されることがあります。
乳幼児期の栄養源は授乳によるものです。
ご存知のように、この時期は人としての一生の中で、目に見えるように成長していく時期です。
母乳をあまり飲むことができなかった、母乳の出が悪かったという場合には、必要な栄養を十分に摂ることができずに成長することに必要な栄養が不足してしまった結果、平均身長より低くなってしまったというケースがあります。
また、成長に十分な栄養を摂っていたとしても授乳時間よりも活動していることの方が多かった場合にも同様のケースがみられることがあります。

 

1〜2歳頃に平均身長よりも低い場合には、栄養バランスを考えた食生活を心掛けるようにしましょう。
順調に成長をしていったとしても、満4歳の時点で身長が100cmより低い場合には最終身長も低くなる可能性がでてくるといわれています。